日常英会話の表現例 「寝坊した 」を英語でなんという?

sponsored link

snow 159




日常英会話の表現例シリーズ
前回は
「同い年」についての
日常英会話表現を
ご紹介しました。

日常英会話の表現例「同い年 」を英語でなんという?


日常英会話表現 まとめ記事

今日の日常英会話表現



日常英会話でも
ビジネス英会話でも
small talk
大切です。

いわゆる世間話のような
ものですね。

会ってすぐに本題に入るのではなく
まずは挨拶をして
季節や天気の話をしたり
近況報告をしたりして
small talk
してから、今回会う目的や
商談に入ったりする方が
ずっといいです。

ただ慣れてないと何を話せばいいか
わからないということに
なると思うので

今回は自分のしたことや
身の回りの出来事を
説明できるようになる
練習をするという意味で

誰でも経験したことが
あると思われる出来事を
伝える日常英会話の表現を
ご紹介したいと思います。


今日の日常英会話表現は
「寝坊した」です。

「私は寝坊した」は
I overslept.

I overslept this morning.
今朝私は寝坊しました。

I almost overslept yesterday.
昨日危うく寝坊するところでした。

使いたい表現が思いつかない時どうする?



今日はもう一つ
お伝えしたいことがあります。

せっかく覚えた日常英会話表現でも
とっさの時に思い出せなかったり

そもそもそういう表現を
知らないことってありますよね。

そういう時、皆さんは
どうしていらっしゃいますか?


ちょっと考えてみてください。










例えば今回の
oversleep は寝坊する、
寝過ごすという意味で、
一つの単語で表現できるため
便利ですが、

この単語を忘れたり
思いつかなかったり
または知らなかったりすることって
ありますよね。

そういう場合は
あなたはどうやって
それを日常英会話で表現しますか?

「寝坊する」は起きるつもりだった
時間に起きれなかった
ってことですよね。
ですから。

I couldn’t get up on time.
時間通りに起きれなかった。

と言っても相手には意味が
伝わりますよね。

「時間通りに」という
日常英会話の表現が
思いつかなければ
代わりに自分が起きたかった時間を
言えばいいですよね。

I couldn’t get up at seven.
7時に起きれなかった。

または

I wanted to get up at seven, but I couldn’t.
7時に起きたかったけど、
起きれなかった。


これでは寝坊の意味が
はっきり伝わらないと
満足できなければ

この後もうひとつ文章を
加えることもできますよね。


「寝坊する」ということは
何か予定があって
それに間に合うように
起きれなかったということですから

I couldn’t get up at seven, and
I missed my train.

7時に起きれなかった。
それで電車に乗り遅れた。

I couldn’t get up at seven, and I was late for work.

7時に起きれなかった、そして仕事に遅れた。


I overslept.
寝坊した

と言っても、それで何に遅れたの?
それでどうしたの?
それでどうなったの?
と聞き手は
疑問に思うでしょうから
いずれにしても
何らかの説明が必要になると
いうことですよね。

相手に自分の意思がはっきり
伝わっていなかったら
会話をしながら情報を
追加していけばいいですよね。

何年も一緒に暮している家族や
夫婦でも、「~は私の言っている
ことを全然理解していない」
「~とは話しても
お互い分かり合えない」なんて
ことはよくあることなので

だったら外国語である英語での
日常英会話において
完璧をめざすのではなく

「自分は単語力が足りない」と
単語力を増やすことも
大切ではありますが、

私はそれよりも知っている単語を
できるだけ使って自分の意思を
相手に伝えようとする
ことの方が
コミュニケーションにおいては
ずっと重要
だと思います。

そしてその方がずっと楽しいです。

それができるようになるには
毎日声に出して練習することが
ポイントだと思います。

今日はちょっとメルマガ口調っぽく
なりましたが、

では今日の日常英会話の表現を
使った例文を見ていきましょう。

Kari と友達の Ronda の会話



Where’s Harry?
Why isn’t he here?

ハリーはどこにいるんだ?
なんでここにいないんだよ。

You know him.
He must have overslept.

ハリーのこと知ってるでしょ。
きっと寝坊したのよ。

Again? I don’t believe this.
またかよ。信じられないね。

Take it easy.
We’ll make him pay for lunch.

落ち着いてよ。
ハリーにランチおごらせましょ。

Yeah, we will.
There he is.

そうしよう。
お出ましだよ。

ハリーはやはり寝坊したのでしょうか?




sponsored link


今日のまとめ



今日は日常英会話の表現例として
I overslept.
「寝坊した」という表現を
ご紹介しました。

寝坊に関連した
日常英会話の表現例
日常英会話の表現例「待ち合わせに遅れる 」

日常英会話の表現例 待ち合わせ時間を変更したいとき

いつものように
場面をイメージしながら
何度も声に出して
練習してください。

そして日常英会話の場面で
使ってくださいね。

次回の日常英会話の表現例
シリーズでは
日常英会話の表現例「間に合う 」
「間に合わない」を
英語でなんと?

をお送りします。


日常英会話表現 まとめ記事


Have a nice day!

ポチッと押して
応援してくださいね。




日常英会話の表現 今月のトップ10記事

サイトマップ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ