英語 pain ache sore 痛みを表す日常英会話表現の違い

sponsored link

headache

前回の日常英会話表現では

電車に間に合わない、
間に合わないかもしれないを
英語で何と表現するか
についてお話しました。


今回は
痛みを表す単語
pain ache sore の違いと
使い分けについて
見ていきたいと思います。


痛みを表す単語として
最初に思い浮かぶのは
pain かなと思いますが

pain ache sore の違いは
よく聞かれる質問です。

今日の日常英会話表現 pain



Pain
鋭い痛みを表現します。

急な激痛、時々くる激痛、
刺された時の痛みなどは
これにあたります。

Pain
痛みが鋭いので
無視したくも、無視できるほどの
痛みではなく、

薬を飲んだり
治療を受けたりなどの
何らかの対応をとる必要が
あるようなことが
多いです。

I have a terrible pain in my stomache. I’m going to lie down.
お腹に激痛が走っているの。
横になるね。

Oh, no. You look awful. I’m taking you to the doctor right now.
いやいや、やばいよ。
今すぐ医者に連れていく。


Ouch! I cut my finger again.
痛っ!また指を切っちゃった。

It’s a deep cut. The pain is going to last for a while.
深く切れてるね。痛みがしばらく続くよ。

今日の日常英会話表現 ache



Ache
鈍い痛みを表現します。

そしてpain よりも
痛い期間は長い場合が多いです。

Ache
痛みが鈍いので、

そのままでも我慢できたり、
無視しようとすることが
できるくらいの痛みです。


I have a backache.
背中が痛い。

I have a headache.
頭痛がする。

I have a stomachache.
お腹が痛い。

I have a toothache.
歯が痛い。

今日の日常英会話表現 sore



Sore
触ったり、動かしたり、
使ったりした時に
痛みを感じるような
場合の痛みを表現します。

痛みの激しさはそれほどでも
ないです。

I have a sore throat.
喉が痛い(食べたり、飲んだり、話をすると痛い)。

I lifted heavy boxes yesterday, and my arms are sore today.
昨日重い箱を持ち上げたので、今日は腕が痛い(腕が筋肉痛です)。

I’m really sore from climbing Mt. Fuji.
富士山に登ったので
体中がすごく痛いです
(体中が超筋肉痛です、
体のあちこちがとても痛いです)。

ワンポイント



それぞれの例文から
お気づきになった方も
いらっしゃるかも
しれませんが

painache
名詞で

sore は形容詞です。

ですから文章の中での使われ方が
違います。

Pain, ache, sore
意味の違いをふまえて

例文を使って覚えて
使ってくださいね ^^

単語だけで覚えようとすると
混同しやすいので。





sponsored link

今日のまとめ



今日の日常英会話の表現では
痛みを表現する
pain, ache, sore の違いに
ついてご紹介しました。


いつものように
声に出して練習してくださいね。


前回の日常英会話の表現例を
チェック。

英語で電車に間に合わない、間に合わないかもしれないを何と?

日常英会話表現 You moved. 引っ越した


日常英会話表現 まとめ記事

Have a nice day!

ポチッと押して
応援してくださいね!


日常英会話の表現 今月のトップ10記事

サイトマップ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ