日常英会話の表現例 be going to と will のちがい

sponsored link

hydrangea

英会話を教えていて
一番といっていいほど
よく聞かれるのは

be going towill
ちがい、使い分けについてです。


be going towill
英語を話すとき

必ず使う表現ですから

この際
be going towill
ちがいをはっきりさせて
すっきりしましょう!

前回の日常英会話表現



前回の日常英会話の表現例を
チェック。

日常英会話の表現例 exciting と excited のちがい

日常英会話表現「何か見落としてる?」を英語でなんという?

日常英会話表現 まとめ記事

今日の日常英会話表現



では最初に例文を見ていきましょう。

Do you have any plans for this weekend?
今週末何か予定ありますか?

または

What are you doing this weekend?
今週末何をするの?


日常英会話でよく耳にする質問ですね。

あなたの予定を英語で言ってみてください。


どう答えますか?




be going to を使いました?

それとも will



例えば友達とサッカーの試合を
見に行く予定だとします。

そうすると

I’m going to watch a soccer game with a friend.


家で本を読むつもりなら

I’m going to read a book at home.


予定について話す場合

話をしている時点で
すでに決まっている、
または決めている予定については

be going to を使います。


次の会話を見てください。

My hands are dirty.
Can someone open the door for me?

手が汚れてるんだけど、誰かドア開けてくれない?

私が開けるよ、と言う場合に使うのは

be going to?
それとも will?

この場合は
I will.
will を使います。

will
すでに決まっている予定ではなく
今決めたことについての表現です。


ということで

be going to
「すでに決まっている予定」を
表現する時に

will
「今決めたこと」を表現する時に
使うということですね。

SallyとMegの会話



I’m going to get some ice cream.
Do you want to come with me?

アイスクリーム買いに行くの。
一緒に来る?

I can’t. I have to finish my homework.
行けないわ。宿題終わらせなきゃならないの。

Jay and I are going to the park at 1pm.
Do you want to join us?

1時にジェイと公園に行くの。
一緒に来る?

I’ll let you know. I should be able to finish my homework by then.
行けるかどうか知らせるね。
それまでには宿題終わるはず。




sponsored link


今日のまとめ



今日の日常英会話の表現例は
be going towill
違いについてでした。

be going to
「すでに決まっている予定」を
表現する時に

will
「今決めたこと」を表現する時に
使うんでしたね。


いつものように
場面をイメージしながら
何度も声に出して練習して
英語を使ってくださいね。

そして自分でも
文章を作って
声に出してくださいね。


日常英会話表現 まとめ記事


Have a nice day!

ポチッと押して
応援してくださいね!


日常英会話の表現 今月のトップ10記事

サイトマップ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ