日常英会話の表現例 exciting と excited のちがい

sponsored link

Tree

難しい英語表現ではないけれど
間違って使っている人が多い
単語があります。


日常英会話の表現例シリーズ

今日はその中から
excitingexcitedについて
見ていきたいと思います。

前回の日常英会話表現



前回の日常英会話の表現例を
チェック。
待ち合わせ時間を変更したい時

海外ドラマ ホワイトカラーから「見せて」を英語でなんという?


日常英会話表現 まとめ記事

今日の日常英会話表現



大好きなアーティストの
コンサートに行った直後や

東京ディズニーリゾートで
ミッキーと握手をした後など

興奮して話をしますよね。


そういう場合は

exciting を使うのでしょうか?

それとも excited



少し考えてみてくださいね。




答えは

I was excited. です。
私は興奮した。
ワクワクした。

という意味です。


あっていました?


ここで
exciting を使わないというか
使えない理由を説明しますね。

excited というのは
(人が)ワクワクした状態にある
という意味

そして
exciting というのは
相手をワクワクさせる
という意味なんです。

なので
ここで
exciting
使ってしまうと

コンサートで自分が
ワクワクしたのではなく

自分は人をワクワクさせるような
人なんだ、と言ってることに
なってしまうんです。


なので

I was excited.

使います。

ということは

The concert was exciting.
コンサートにワクワクしたね。
コンサートよかったね。

イベントや事柄に対しては
exciting を使うということです。

Julie と Cynthia の会話



I can’t wait till tomorrow.
明日が待ち遠しいね。

I know. I’m so excited.
ホント。とってもワクワクしてる。

Me, too. What should I wear tomorrow?
私も。明日何を着ていこうかな?

Let’s see.
そうね。


あなたはどういう状況で
こんな会話をしますか?

Aki と Peggy の会話



The trip was so exciting!
旅行とっても楽しかったね。

Yes, it was. Can we do this again?
ホント。また行こうよ。

Sure. Let’s start planning.
そうだね。計画立てようよ。




sponsored link


今日のまとめ



今日は日常英会話の表現例として
excitingexcited の違いについて
ご紹介しました。

いつものように
場面をイメージしながら
何度も声に出して練習して
英語を使ってくださいね。


関連した
日常英会話の表現例をチェック。

「わくわくしてきた」

「楽しかったです」


次回の日常英会話表現はこちら↓
日常英会話の表現例 be going to と will のちがい


日常英会話表現 まとめ記事


Have a nice day!

ポチッと押して
応援してくれるとうれしいです!


日常英会話の表現 今月のトップ10記事

サイトマップ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ