日常英会話表現 Go get dressed. 着替えてこいよ

sponsored link

ティム・ディケイ-ピーター・バーク12




アメリカドラマ
『White Collar/ホワイトカラー』
シーズン1 第1話から選んだ

今日の日常英会話表現は


Go get dressed. です。

「着替えてこい」
「着替えてきなさい」
「着替えておいで」


『White Collar/ホワイトカラー』
シーズン1
「第1話 天才詐欺師は捜査官」を
GyaO! で見る。↓↓
White Collar/ホワイトカラーまとめ記事
の最新記事にリンクを張っています



セリフが出てくるタイミングを
表示しているので

字幕(subtitles)を隠して

リスニングや
発音練習に使ってください。

White Collar/ホワイトカラー 今日のセリフ



イケメン天才詐欺師
Neal Caffrey
ニール・キャフリーと

その彼を逮捕したことがある
FBI捜査官 Peter Burke
ピーター・バークが

次々と知的犯罪
(white collar crimes)を
解決していく
クライム・サスペンス。


今回は
前回のシーンに続いて
Neal が移ってきた June の
大邸宅での会話です。


June の大邸宅の屋上で
ここに移り住むことになった状況を
説明している Neal に
Peter が言います。

(00:21:56)
Go get dressed.
着替えてこい。

WHITECOLLAR1

↓↓White Collar/ホワイトカラー
シーズン1のDVDをチェック↓↓
ホワイトカラー シーズン1
コンパクト・ボックス


今日の日常英会話表現



今日の日常英会話表現は
Peterのセリフ

Go get dressed. です。


「着替えてこい」

という意味の表現です。

何も服を着ていなかったり、
パジャマや部屋着を着ていて

でかけるための服に着替える時に
get dressed という表現を使います。

Peterは
これから仕事だから、
パジャマを着替えて
出かける準備をしろという
意味で
Go get dressed.
と言っているわけです。

また、今着ている服から
他の服に着替える場合は
get changed という表現を使います。

例えば
家に帰ってから
部屋着に着替えたい時や
汗をかいたり
服を汚した時とか
にも使えます。

I’m getting dressed.
(外出できるように)今着替えています。

I spilled coffee on my T-shirt. I’ll go get changed.
Tシャツにコーヒーを
こぼしちゃった。
着替えてくるね。

Alex と Marilyn の会話



Are you ready to go?
出かける準備できた?

Not quite. I’ll go get dressed in a minute.
もうちょっとかかるわ。
すぐに着替えてくる。

What are you doing?
何をしてるんだい?

I’m doing my make-up.
メークをやってるとこなの。


この後の会話が
どうなるか
想像しながら
練習してくださいね。


↓↓White Collar/ホワイトカラー
シーズン2のDVDをチェック↓↓
ホワイトカラー シーズン2
コンパクト・ボックス




sponsored link


今日のまとめ



『White Collar/ホワイトカラー』
シーズン1 第1話からの今日の
日常英会話表現では

Go get dressed.
「着替えてこい」という表現を
ご紹介しました。

いつものように
場面をイメージしながら
何度も声に出して練習して
使ってくださいね。

前回の日常英会話表現



前回のWhite Collar/
ホワイトカラーシーズン1 第1話
日常英会話表現をチェック。

日常英会話表現 You moved. 引っ越した

White Collar/ホワイトカラーまとめ記事


また
『White Collar/ホワイトカラー』
シーズン1 第1話から
日常英会話の表現を
ご紹介します。


Have a great weekend!

ポチッと押してくださると
うれしいです。


日常英会話の表現 今月のトップ10記事

サイトマップ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ