日常英会話を独学で覚える方法 Part 1

sponsored link

Chiang Kai-shek Memorial Hall

日常英会話を独学で覚える方法というのは
割と大変な作業かもしれませんが、

私は日常英会話を独学で覚えてきた経緯
がありますので、その独学英会話の方法を
少しでもあなたの期待に応えられるように
頑張って話していきたいと思います

日常英会話を独学で覚える方法があるのか、
というテーマで
書いていこうと思います。


結論から言うと、
日常英会話を独学で覚える方法はあります。

そういう答えが出てくるだろうと
想像されたでしょうし、smile

日常英会話では大切なことを先に言う
ということを示すためにも(?!) grin
まず言っておきます。


日常英会話を独学で学び覚える方法について
私の経験や考えを
述べてみようと思います。


「独学」の意味を
国語辞書で引いてみました。

「学校に通わず先生にもつかず、
独力で学ぶこと」
だそうですが、

私の場合も
あまり意識したことがないのですが
改めて考えてみると

独学で日常英会話を学んだ
と言えると思います。
(そういう意味では
ビジネス英会話を覚える方法も独学ですね)。

今日の日常英会話表現



私の悪い癖
(本人は密かにいい癖だと思っています!
だって、いろんな日常英会話の
アイデアが浮かんでくるから、
それっていいですよね?!stuck_out_tongue_closed_eyes)ですが、

すぐに

I get sidetracked.
横道にそれます。


今の話と関係ない
新しいトピックについて
話し始めることを

go off on a tangent

と言うのですが、
こちらも私の得意技です。


そういう時に
話を元に戻すために使える便利な表現は

Anyway,
それはさておき

we were talking about ~.
~について話していましたね。


または

Where were we?

文字通りには
「私たちはどこにいましたか?」ですが、
どこまで話してましたっけ?

という意味で、
これも話を元に戻す場合に使えます。

私も頻繁にお世話になっている
独学で覚えた日常英会話の表現です。


Where were we?

の後に
元の話の内容を思い出した
本人または周りの人が

We were talking about ~.
~について話していましたね。

または

You were saying ~.
先ほど~とおっしゃっていましたね。

と言って話を元に戻します。

ミーティングでの会話



横道にそれた Alicia に対して
Conor が言います。

That’s very interesting, but
let’s not get sidetracked.

それはとてもおもしろいですね、
ですが横道にそれないようにしましょう。

I’m sorry. Where we we?
すみません。どこまで話してましたっけ?

We were talking about the year-end party.
忘年会の話をしていたんですよ。

Oh, that’s right.
そうでしたね。

忘年会やクリスマスパーティーの計画を
立てていらっしゃる方、多いんでしょうか?




sponsored link

Anyway,

私の話は
また後日するとして、


大切なポイント
独学かどうかということより


インプットされた、または
インプットした日常英会話の
表現や知識を

どれだけ頻繁に
アウトプットしている

ということだと
思います。


結局言いたいのは
独学であろうとなかろうと
毎日
アウトプット
しましょう、
ということなんですが、


毎日もしくは頻繁に
英語を話す環境にある人は別として
日常英会話を
実際に使う機会の少ない方は

日常英会話の独学ならば
家にいる時、散歩している時、
ちょっとした時間がある時、

インプットした日常英会話の表現を
何度も何度も声に出して言う、
(相手がいようといまいと)

ということをしているかどうかが

日常英会話そして
ビジネス英会話ができるように
なるかどうかの
決め手となります。


この続きは
「日常英会話を独学で覚える方法 Part 2」にて。

ポチッと押して
応援してくださいね。


日常英会話の表現 今月のトップ10記事

サイトマップ




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ